Softbankポイントだけでなく、Tポイントも機種変更で使える!?

機種変更

ソフトバンクの利用金額に応じて貯まるSoftBankポイントやTポイントですが、これらのポイントがどういった用途で使えるのかご存知でしょうか?

 

使い道を知らないままポイントだけが貯まっていたという人は、自分に合う使い道を見つけてポイントを有効に消化していきましょう。

 

今回の記事では、SoftbankポイントとTポイントは機種変更で利用することができるのかについて解説していきます。

 

トクまる君
トクまる君

ソフトバンクをお使いの方や、端末を購入する予定のある方はポイントが使えるのかをぜひチェックしておくガオ!

 

Softbankポイントは機種変更で使える?

結論から言えば、Softbankポイントを機種変更時の端末購入で利用することができます。

 

新しいスマホを購入する際に、1ポイント=1円として機種代金の割引に充当できるため、よりお得な金額で機種変更が行えるでしょう。

 

ただし、機種変更手数料3,300円に対してポイントを充当することはできないので注意してください。

 

Softbankポイントは「オンラインショップ」または「ソフトバンクショップ」で利用できます。

 

オンラインショップの場合は購入手続き時にポイントを消費する手続きを行い、ソフトバンクショップで使う場合は手続きの際に店員に申し出てください。

 

Tポイントも機種変更で使える

Tポイントについても、ソフトバンクの機種変更時の端末購入で利用することができます。

 

ただし、Tポイントについてはソフトバンクオンラインショップでのみ利用ができるので注意してください。

 

機種変更時には1ポイント=1円として機種代金から割引されますが、ポイントの利用上限数もあるので事前に確認しておきましょう。

 

また、分割でスマホを購入した場合は、分割支払金/割賦金に対してポイントを利用することができ、利用されたポイントは毎月の分割支払金/割賦金から割引されます。

 

SoftbankポイントとTポイントは合算して利用できる?

お手持ちのSoftbankポイントとTポイントを合算して機種変更などに使うこともできます。

 

また、同時にポイントを利用する場合には「Softbankポイント」→「Tポイント」の順番に消化されていきます。

 

また、家族回線といった同一請求内の使い道でもSoftbankポイントを合算して使うことができます。(※同一請求内の全ての契約者の事前承諾が必要)

 

元々、2014年7月までソフトバンクのポイントプログラムとして提供されていたSoftbankポイントが、Tポイントに切り替わったという経緯もあるため、長年ソフトバンクを利用されている方の中には「Softbankポイントが余っている」というケースも考えられるでしょう。

 

余っているポイントを機種変更時の端末代金などに使っておきたい場合には、Tポイントとの合算利用がおすすめです。

 

↓オンラインショップを利用して機種変更を行う際の手順と必要書類についてまとめた記事です。

【参考記事】オンラインでソフトバンクの機種変更をするときの手順をご紹介!必要なものもすぐわかる

 

Softbankポイント/Tポイントのその他の使い道は?

ソフトバンクの利用によって貯まるSoftbankポイントやTポイントは、機種変更以外でもさまざまな使い道が可能です。

 

ここでは、さまざまなポイントの使い道を紹介していくので、より自分に合うものを見つけてみてみましょう。

 

【ポイントの使い道】

  • 毎月の携帯電話料金に使う
  • 携帯電話の修理代金に使う
  • オプション品などの購入に使う
  • 寄付に使う

 

①毎月の携帯電話料金に使う

Tポイントは、毎月の通信料・通話料に対して貯まる仕組みになっており、貯まったポイントは1ポイント=1円として、携帯電話料金に充当できます。

※Softbankポイントは利用できません。

 

対象となる料金は下記の通りです。

  • 基本料
  • パケット料
  • 通話料
  • 通信料
  • オプション料金

このような料金が対象となっているため、端末代金の分割支払金などには使えません。

 

毎月のスマホ代を少しでも安くしたい方やポイントの使い道に困っている方などは、この使い方で月額料金を安く抑えてみてください。

 

②携帯電話の修理代金に使う

スマホを落としたり、水没させたりして故障してしまった場合、ソフトバンクに依頼して修理をしてもらう必要があります。

 

その際の修理費用に対してSoftbankポイント・Tポイントを使うことができます。

 

Android端末の場合は、ソフトバンクショップに修理依頼をすればいいのですが、iPhoneについては手順が少し異なるので確認しておきましょう。

 

【iPhone】の場合

①修理依頼:Apple StoreやApple正規サービスプロバイダへ

②修理完了:請求明細書または修理完了報告書を受け取る

③ポイント利用申請:ソフトバンクショップまたは取扱店に「請求明細書または修理完了報告書」を持参し、ポイント利用の申請を行う

④利用料金から割引:毎月の利用料金から修理代金に利用したポイント分を割引

 

修理代金に直接ポイントが充当されるわけではない点に注意です。

修理代金の実費は満額支払った上でソフトバンク側にポイント利用申請を行う必要があります。

その後、毎月の利用料金から修理に使ったポイント分が割引されるという形になります。

 

実質的にはポイントを修理代金に使っているのですが、流れが異なるという点を認識しておきましょう。

 

③オプション品などの購入に使う

イヤホンや充電器/ケーブル、スマホケース、保護フィルム、モバイルバッテリーといったオプション品の購入にポイントを使うことができます。

 

これらのオプション品は機種変更をするたびに新しいものを購入する必要があったり、突然故障して買い直しの必要が出てきたりなど、急な出費になってしまいますよね。

 

ポイントがある程度貯まっている方であれば、こういったオプション品にポイントを使って、急な出費による負担を軽減してみましょう!

 

④寄付に使う

ポイントを「つながる募金」を通じた非営利団体への寄付に使うことができます。※SoftBankポイントは使えません。

 

寄付を通じて社会貢献事業に協力したい方やポイントの使い道がなく有効期限が切れそうな方におすすめです。

 

1ポイントからの寄付にも対応しています。(最大10,000ポイント)

 

まとめ

SoftBankポイントやTポイントが機種変更で使えるのかについて解説しました。

 

どちらもソフトバンクでの機種変更時に使うことができるため、ポイントが余っている方や端末代金を安く抑えたい方は利用してみてください。

 

また、その他にもポイントの使い道は用意されているので、自分に合った使い道を選んでみましょう。

Softbank公式ホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました