LINEMOとahamoとpovoってなに?それぞれの料金と特徴を解説!

LINEMO

スマホ代が大幅に安くなるとして、2021年3月に大手携帯会社3社から新プラン「LINEMO」「ahamo」「povo」がほぼ同時期にスタートしました。

ソフトバンクが「LINEMO」、ドコモが「ahamo」、KDDIが「povo」ですが、料金や特徴、サポートなど「どうなのかな?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、それぞれの特徴や注意点について解説いたします。

 

LINEMOとは

LINEMOはソフトバンクが2021年3月17 日に提供をスタートしたプランです。

まずはLINEMOの基本的な特徴について確認しておきましょう。

月額基本料金

LINEMOのスマホプランはデータ容量が20GBで、基本料が月々2,728円(税込)です。

1GBでは少なすぎて心配…でも50GBの大容量や無制限は必要ないという人に20GBはちょうどよいでしょう。

通話料金

LINEMOの通話料は従量制で、30秒あたり22円(税込)です。

この金額はソフトバンクと同じですが、電話する機会が多い人なら定額になるオプションの利用がおすすめです。

1回5分以内の国内通話が定額になる「通話準定額」は月額550円(税込)、通話時間も回数も無制限でかけ放題になる「通話定額」は月額1650円(税込)で利用できます。

 

スマホプラン加入から1年後までは通話準定額オプションが無料、通話定額が1,100円(税込)で利用できる割引キャンペーンが実施されています。

 

特徴

LINEMOはLINEで使ったギガをカウントしません。

LINEは無料アプリといってもギガは消費します。

LINEを頻繁に利用する人にとっては、LINEMOのギガフリーは嬉しいですね。

ahamoとは

ahamoは2021年3月26日にドコモが提供を始めたプランです。

ahamoの基本的な特徴をご紹介します。

 

月額基本料金

ahamo はデータ容量20GBで基本料金が2,970円(税込)です。

海外ローミングは20GBまで無料となっています。

 

通話料金

国内通話料金は5分まで無料で、5分超過後は30秒22円です。

通話かけ放題は1100円なので、ahamoは3つのプランの中でもっとも通話料金が安いという特徴があります。

 

ドコモのファミリー割引への申し込みは可能ですがahamo契約回線からの発信は家族間無料通話の対象外です。

ただし、ギガプランなどを契約中の同一ファミリー割引グループ回線からahamo契約回線への発信は無料となります。

家族に発信して5分以上の通話になることが多い場合は、今までより通話料が高くなってしまうでしょう。

 

特徴

ahamoの特徴といえば、先ほども触れましたが、国内通話料金が5分まで無料という点です。

LINEMOもpovoも5分以内のかけ放題は550円なので、ahamoだけが無料です。

ちょっとした電話の多くは5分以内にすみますので、ahamoは短時間の電話が多い人にお得感があるでしょう。

また、無制限のかけ放題は1,100円なので、こちらもLINEMOやpovoに比べて安いです。

 

また、LINEMOとpovoは端末の販売がありませんが、ahamoだけは3機種(「iPhone 11」「Galaxy S20 5G SC-51A」「Xperia 1 II SO-51A」)のみオンラインで販売します。

 

そのため、新たに端末を購入して利用を始める場合、2つの方法を選択できます。

ahamoで機種を購入する場合は、手続きが1度で済みます。

 

ahamoで販売されている機種以外を希望する場合は、ドコモオンラインでahamo対応端末を購入することになります。

その場合、「5Gギガライト」または「ギガライト2」を選択して商品を購入します。

それから料金プランをahamoへプラン変更する流れです。

少しややこしいので、ご注意ください。

2021年6月からはahamoの契約回線で機種変更できるようになる予定だそうです。

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

povoとは

povoは、auが2021年3月23日から提供を開始した新プランです。

povoの基本的な特徴について見ていきましょう。

 

月額基本料金

povoの月額料金は、20GBで2,728円(税込)です。

LINEMOと同じ料金で、ahamoより242円安いです。

 

通話料金

povoの通話料金は30秒あたり22円で、5分以内のかけ放題は月額550円、無制限のかけ放題は1,650円です。

通話料もLINEMOと同じです。

 

特徴

povoには、24時間データ通信が使い放題のオプションがあります。

利用開始から24時間、データ容量が消費されませんので「今日は動画をたくさん観たい」という日などに便利です。

料金は24時間で220円となっています。

データ追加は1GBが550円なので、たくさん使いたい日にはとてもお得なオプションです。

 

LINEMO /ahamo/povoの注意点

低料金で20GBまで使え、足りなくなったときは1GBを550円で購入できる3つのサービスは、スマホ代を節約したい人にとって魅力的なサービスでしょう。

しかし、デメリットもありますので利用する前に知っておいてください。

 

手続きやサポートはオンラインのみ

いずれも契約手続きやサポートはオンラインのみとなっています。

機種変更したときも自分で開通手続きする必要があります。

そのためショップのスタッフにサポートしてもらえないということに不安を感じる人もいるでしょう。

 

もし自分でわからなくても、ショップに聞くことはできません。

電話のサポートも利用できないため、チャットなどでサポートしてもらうことになります。

故障したときもオンラインでの対応です。

 

キャリアメールが使えない

LINEMO、ahamo、povoのいずれもキャリアメールが使えなくなります。

キャリアメールはフリーメールよりも信頼性が高いため、使えないことで不便に感じる人もいるでしょう。

 

キャリアメールを連絡先にしている人は、別途新しいメールアドレスを用意して伝えなくてはいけません。

また、オンラインショップなどの会員登録にキャリアメールを使用している人は、別のメールアドレスに変更手続きが必要になります。

 

留守番電話サービスが利用できない

いずれも留守番電話サービスが利用できなくなります。

電話に出なければLINEなどにメッセージを残せばいい…という人には問題ないでしょうが、これまで留守番電話サービスが必需品だった人にとっては不便になるでしょう。

 

割引サービスがなくなる

LINEMO、ahamo、povoを契約することで、ファミリー割引のような割引サービスがなくなります。

 

ソフトバンクの場合、「新みんな家族割」は、2人以上で 660円(税込)、3人以上で1,210円(税込)の割引が受けられます。

ソフトバンクは併用できる割引がありますので、家族で利用するとかなり割引されるうえに、家族間の通話も無料になってお得です。

 

しかし、LINEMOにすることで、家族が「新みんな家族割」の割引が減ってしまったり、最悪割引を受けられなくなってしまいます。

また、LINEMOは家族への通話も有料です。

LINEMOに申し込むにあたり、家族単位で本当にお得なのかを確認した方がよいでしょう。

 

また、ドコモにも「みんなドコモ割」という家族割引があります。

2回線で550円(税込)、3回線以上で1,100円(税込)というように使う人が多いほどお得になるサービスがあります。

ahamoは人数のカウント対象にはなりますが、割引対象にはなりません。

また、家族からahamo回線への通話料は無料になりますが、ahamo回線から家族への通話料は無料になりません。

5分を超えると30秒あたり22円の通話料がかかります。

 

auにはさまざまな割引サービスがありますが、povoにはありません。

家族割プラスやauスマートバリュー、スマイルハート割引は対象外です。

また、auは家族間の国内通話やSMS送信料が24時間無料になりますが、povoでは適用されません。

ただし、povoの早期加入特典として、2021年夏までにpovoへ加入すれば、家族割プラスのカウント対象になることができます。

 

割引サービスが適用されなくてもお得なのか、家族の料金が高くなってしまわないか、ということに注意しておきましょう。

 

まとめ

3キャリアの新プラン「LINEMO」「ahamo」「povo」は共通する部分も多いですが、それぞれ独自の特徴もありました。

20GBの容量で料金はいずれも3,000円を切る低料金ですが、現在家族割引を利用している場合は、プラン変更することによって家族の携帯料金が高くなるかもしれません。

 

また、オンライン専用プランなので、オンラインで端末を購入した経験がないユーザーにとっては不安が大きいかもしれません。

回線契約と端末購入が別々になり、開通手続きも自分ですることになります。

質問したいことがあってもショップや電話での対応が不可なので、いざというときに不安な人も少なくないでしょう。

もしオンラインで全て手続きしなくてはいけないことに不安を感じる場合は、従来のプランの方が安心かもしれません。

料金だけでなく、デメリットも確認してから検討した方がよいでしょう。

お問い合わせはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました