SoftbankとY!mobileとLINEMOの料金プランと取扱機種を調べてみた!

LINEMO

SoftbankのサブブランドのY!mobileとLINEMOは魅力的な料金プランとお得なサービスで人気を集めています。

 

今回はSoftbankとY!mobileとLINEMO、それぞれのプランの特徴や対応機種を紹介します。

 

各会社、それぞれどのような人におすすめなのかも合わせて紹介しています。

 

トクまる君
トクまる君

この記事を読めば自分にあった携帯会社やプランが見つかるガオ!

 

Softbankの料金プランや取扱機種

まずはSoftbankから見ていきましょう。

Softbankは大手の安定した回線と、バラエティー豊かな料金プランが魅力。

ライトユーザーからがっつりスマホを使う方まで用途にあったプランを選択できますよ。

Softbankの料金プランは3つです。

 

・メリハリ無制限プラン

メリハリ無制限プランは通信量を気にせず使用したい方におすすめのプランです。

データ通信量 無制限
通話料金 22円/30秒
月額料金 7,238円(税込み)

【参考記事】スマホをとことん楽しむ!ソフトバンクの新料金「メリハリ無制限」の特徴

スマホをとことん楽しむ!ソフトバンクの新料金「メリハリ無制限」の特徴
ソフトバンクは、2021年3月17日から新料金プラン「メリハリ無制限」の提供をスタートしました。 毎月のデータ通信料を気にしながらスマホを使っている人にとって「無制限」は、かなり魅力的な響きでしょう。

 

・ミニフィットプラン

ミニフィットプランはあまりデータ通信を使用しない方向けのプランです。

データ通信量 0〜3GB
通話料金 22円/30秒
月額料金 〜1GB 3,278円(税込み)

〜2GB 4,378円(税込み)

〜3GB 5,478円(税込み)

【参考記事】ソフトバンクのメリハリとミニフィットの違い!どちらを選べばいい?

ソフトバンクのメリハリとミニフィットの違い!どちらを選べばいい?
ソフトバンクでは現在大きく分けて2つのプランを提供しています。 今回はソフトバンクのメリハリ無制限とミニフィットプラン+の違いを知りたい方向けに、2つの違いや特徴、そしてどちらを選ぶべきなのかをケースにわけてご紹介していきます。

 

・スマホデビュープラン

スマホデビュープランはガラケーから乗り換えた方や、お子さんにぴったりのプランです。

データ通信量 1GB
通話料金 5分以内の国内通話無料
月額料金 加入翌月から12ヶ月間 990円(税込み)

14ヶ月目〜 2,178円(税込み)

【参考記事】ソフトバンクのスマホデビュープランが安い!ガラケーからの変更だと1択!

ソフトバンクのスマホデビュープランが安い!ガラケーからの変更だと1択!
ソフトバンクのスマホデビュープランは格安SIM並みの料金でご利用が可能です。 今回はスマホデビュープランの特徴やLINEMO・ワイモバイルとの違い、そして注意点などをご紹介していきます。

 

・Softbankの取扱機種

Softbankの取扱機種は以下のとおりです。

iPhoneシリーズはiPhone 7/iPhone 8/iPhone XR/iPhone Xs Max/iPhone Xs/iPhone 11/iPhone 11 Pro Max/iPhone 11 Pro/iPhone SE/iPhone 12 Pro Max/iPhone 12 Pro/iPhone 12 mini/iPhone 12を取り扱っています。

 

GooglePixelシリーズはGooglePixel 3a/GooglePixel 4a/GooglePixel 5/GooglePixel 4aを取り扱っています。

 

スマートフォンはシンプルスマホ/arrows U//AQUOS sense3 plus/LG G8X ThinQ/Xperia 5/AQUOS zero2/シンプルスマホ5/LG V60 ThinQ 5G/ZTE Axon 10 Pro 5G/OPPO Reno3 5G/AQUOS R5G/AQUOS zero5G basic/Xperia 5Ⅱ/AQUOS sense5G/Redmi Note 9T/razr 5G/Xperia 1Ⅲ/AQUOS R6を取り扱っています。

 

ケータイはかんたん携帯10/AQUOS ケータイ3/DIGNO ケータイ3を取り扱っています。

 

Y!mobileの料金プランや取扱機種

Y!mobileは分かりやすい料金プランと、豊富な取扱機種が魅力です。

Y!mobileの料金プランはS、M、Lの3つ。サイズを表すプラン名の通り、自分に必要なデータ通信量に合わせて適切なプランを選択することができますよ。

 

・Sプラン

Sプランはライトユーザ向けのプランです。

データ通信量 3GB
通話料金 22円/30秒
月額料金 990円(税込み)

 

・Mプラン

MプランはY!mobileイチオシのプラン。

データ通信量 15GB
通話料金 22円/30秒
月額料金 3,278円(税込み)

 

・Lプラン

Lプランはスマホヘビーユーザー向けです。

データ通信量 25GB
通話料金 22円/30秒
月額料金 4,158円(税込み)

 

・Y!mobileの取扱機種

Y!mobileの取扱機種は以下のとおりです。

iPhoneシリーズはiPhone 6s/iPhone 7/iPhone SE/iPhone 12 mini/iPhone 12の取扱があります。

 

スマートフォンはかんたんスマホ/Android One S5/Android One X5/HUAWEI P30 Lite/Xperia 8/Libero S10/Android One S6/Android One S7/Xperia 10Ⅱ/かんたんスマホ2/OPPO Reno3 A/AQUOS sense4 basic/Android One S8/Libero 5G/Xperia 10 Ⅲ/OPPO Reno5 Aの取扱があります。

 

SIMフリー機種にはHUAWEI P30/HUAWEI nova lite 3の取扱があります。

 

ケータイにはAQUOS ケータイ2/Simply/DIGNOケータイ2/AQUOS ケータイ3/DIGNO ケータイ3の取扱があります。

 

LINEMOの料金プランや取扱機種

LINEMOの料金プランは1つだけのシンプル設定です。

迷うこと無くあれこれ考える必要がないのは嬉しいですよね。

たっぷり20GB使えるワンプランなのでネットも安心して使えます。

 

・スマホプラン

スマホプランの特徴はLINEのトーク・通話(音声・ビデオ)のデータ消費がゼロということ。LINEをよく使う人にはとっても嬉しいサービスです。

データ通信量 20GB
通話料金 22円/30秒
月額料金 2,728円(税込み)

【参考記事】LINEMOとahamoとpovoってなに?それぞれの料金と特徴を解説!

LINEMOとahamoとpovoってなに?それぞれの料金と特徴を解説!
スマホ代が大幅に安くなるとして、2021年3月に大手携帯会社3社から新プラン「LINEMO」「ahamo」「povo」がほぼ同時期にスタートしました。

 

・LINEMOの対応機種

LINEMOではスマホやケータイ機種の販売は無いため、他会社で購入したスマホ端末を持ち込むか、SIMフリーのスマホを購入する必要があります。

 

LINEMOで使用可能なiPhoneシリーズは以下の通りです。

SIMカード eSIM
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XR
Phone XS
iPhone XS Max
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
Phone SE
iPhone 6s
iPhone 6s Plus

 

Androidの対応機種は販売元によって対応、非対応かが異なりますので公式ホームページでご確認ください。

LINEMO公式ホームページ

 

SoftbankとY!mobileとLINEMOはそれぞれどんな人におすすめ?

各会社のプランや取扱機種を紹介しましたが、結局どの会社を選んだらいいの?とお思いではないですか?

どの会社にするかを決められるよう、各会社がどんな人におすすめかまとめました。

 

・Softbankは安定した通信速度を求め、データ使用量を気にしたくない方におすすめ

大手キャリアならではの安心感やサポートの充実、安定したデータ通信を求める方は迷わずSoftbankを選びましょう。

また、Softbankは他の2社にはないデータ無制限のプランがあります。

スマホで映画を視聴する方や家にWi-Fiが無い方でもデータ使用量を気にすること無く使えますよ。

ただ、その分費用もお高めです。

安く抑えたい方にはあまりおすすめできません。

 

・Y!mobileは気軽に安い会社に乗り換えたい人におすすめ!

Y!mobileはとりあえず携帯代金を安く抑えたい、格安キャリアを試してみたい方にぴったりです。

iPhoneやスマホの取扱機種も多く、大手キャリア並みの品揃えです。

もちろんSIMだけの契約も可能です。

ただ、どのプランもデータ使用量は少なめ設定なのでスマホをハードに使う方には物足りないかもしれません。

 

・LINEMOはLINEを良く使う人におすすめ!

LINEMOはLINEのメッセージやLINEの音声通話をよく使う方にかなりおすすめ。

LINEのデータ使用量はカウントされないので、LINE通話も何時間だってできちゃいます。

ですが、スマホでゲームを長時間する方や、外で動画を見る方だと20GBをすぐに使い切ってしまうかも。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

SoftbankとY!mobileとLINEMOのプランや取扱機種を比較しました。

SoftbankとY!mobileとLINEMOがそれぞれどのような人におすすめなのかも紹介しましたので、携帯会社を決める際の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました